INO'S BLOG

投資している会社員のブログ

『「リスク減のために分散投資」が間違いである、これだけの理由』を読んで

幻冬舎ゴールドオンラインに『「リスク減のために分散投資」が間違いである、これだけの理由』と言う記事がありましたので、読んで思ったことを書こうと思います。


先に私の思ったことを簡単に書くと、

  • 集中投資のメリットも分かるが
  • 多くの人には投資信託による分散投資がおすすめ

だと思います。


上の記事を読んで集中投資をしようと思っている人がいましたら、一度立ち止まっていただけると幸いです。

f:id:toushi-ino:20210417161323j:plain

多くの人には分散投資がおすすめだと思います。

「卵を一つのカゴに盛るな」は間違い?

上の記事では分散投資をしていても「リーマンショックやコロナショックのような株価暴落時には、ほぼすべての投資商品が同時に下がりますからほとんど意味はありませんでした」と言って否定しています。


確かに分散していても全く下がらずに済むと言うことはないでしょうが、ある程度リスクを下げることができるのは間違いありません。また、集中投資の場合、自分が保有している銘柄が下がらなければ良いのですが、大きく下落した場合のダメージが計り知れません。


集中投資にしろ分散投資にしろ退場しないことが重要ですので、そう言った意味では分散しておいた方が良いと思います。

投資で成功している人は「一点買い」をしていた?

また、上の記事では次のように述べています。

株式投資で成功した方々は、誰一人として「当初は」分散投資なんかしていなかったのです。ほとんどの人は、企業をよく研究して、これぞと思った銘柄に集中投資を行って資産を飛躍的に増加させていました。

この部分を読んで「集中投資にしよう」と考えるのは少し待ってください。と言うのも

  • この話しは投資で成功している人に聞いているから

です。


別の記事でも述べたことがありますが、個別株であれば”上手くいけば”短期間で何倍にすることも可能です。一方、分散投資では短期間でお金を大きく増やせません。なので、投資で成功した人に話を聞けば必然的に「集中投資をしていた」と言うことでしょう。


大金持ちになりたいのであれば個別株による集中投資をしなければいけないのでしょうが、老後の資金をなんとかしたい程度であれば投資信託による投資で十分です。

toushi-ino.hatenablog.com

まとめ

集中投資は「上手くいけば資産を飛躍的に増やすことができる」というメリットがありますが、失敗すると取り返しがつかなくなる場合もあります。老後のお金をどうにかしたい程度であれば投資信託でも十分ですので、多くの人にはそちらをおすすめします。


なお、どうしても個別株に挑戦したい人は、無理のない金額の範囲内で行い、自分には向いていないと感じたら速やかに止めるのが良いと思います。

以上、参考になれば幸いです。


〈こちらもおすすめ〉

多くの人には投資信託がおすすめな理由については、こちらの記事を参考にしてください。

toushi-ino.hatenablog.com