INO'S BLOG

投資している会社員のブログ

ひふみワールド+は今後が楽しみなアクティブファンド

以前、レオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」について調べたことを紹介しました。

toushi-ino.hatenablog.com

今回は、同じくレオス・キャピタルワークスの「ひふみワールド+」について調べたことを紹介します。


ひふみワールド+に興味がある人の参考になればと思います。

f:id:toushi-ino:20210312232425j:plain

ひふみワールド+を紹介します

目的・特色

ひふみワールド+の特色は、

  • 日本を除く世界各国の株式に投資を行う
  • 割安と考えられる銘柄を選別して長期的に投資を行う
  • 状況に応じて株式の組入比率を変更する

となっています。


それぞれ簡単にですが説明をします。

日本を除く世界各国の株式に投資を行う

ひふみプラスは主に日本の株式に投資を行っていましたが、ひふみワールド+では日本を除く世界の株式に投資を行います。


なお、第1期の運用報告書によると米国への投資割合が最多で52.9%となっています。

資産配分

資産配分など(第1期運用報告書より引用)

割安と考えられる銘柄を選別して長期的に投資を行う

ひふみプラスと同じように調査を行い、長期的な将来価値に対してその時点での市場価値が割安と考えられる銘柄に投資を行います。


この後の「組入比率の変更」と合せて、ファンドマネージャーの実力がものを言うファンドとなっています。

状況に応じて株式の組入比率を変更する

こちらもひふみプラスと同じように、組入銘柄が割高になったと判断した時には、利益確定や下落リスク回避のため保有銘柄を一部売却するときがあります。また、割安な銘柄がないと判断したときは買付を行わず好機を待つ場合があります。


ひふみワールド+では、まだ構成比率推移のグラフがありませんが、第1期運用報告書によると株式の投資割合が83.6%、投資証券1.0%、その他15.4%でした。よって、ひふみプラスと同じように状況に応じて大きく投資比率が変わるファンドだと推測されます。

信託報酬、純資産など

アクティブファンドですが、信託報酬や純資産の確認を行います。

  • 購入時手数料:最大3.3%
  • 信託報酬:1.628%
  • 純資産:約1160億円
  • 信託期間:無期限

※2021年3月11日時点

購入時手数料は販売会社によって異なるので、購入時手数料が無料の販売会社で購入することをおすすめします。信託報酬は外国株式に投資をするアクティブファンドとして標準的な水準だと思います。


なお、信託報酬は次のように純資産の規模に応じて段階的に引き下げられます。

ひふみワールド+の信託報酬率

ひふみワールド+の信託報酬率

純資産の規模や信託期間が無期限なところは良いと思います。なのでパフォーマンスが市場平均を大きく上回れているかに注目したいです。

パフォーマンスの比較

日本を除く世界の株式に投資をしているeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)と比較をします。

パフォーマンスの比較

パフォーマンスの比較

青がひふみワールド+、橙がSlim全世界(日本除く)です。なお、ひふみワールド+の設定日である2019年12月13日を0%として比較しました。


設定日直後は市場平均に劣っていましたが、コロナショック後から市場平均を大きく上回りはじめました。これはコロナショック前に株式の割合が低かったことが有利に働いたためと思われます(第1期運用報告書は2020年2月17日時点の情報になります)。


設定されてから日が浅いので今後もこのパフォーマンスを維持できるのか確認していこうと思います。

まとめ

ひふみワールド+の内容はひふみプラスの外国株式版です。以前確認したようにひふみプラスは長期的に素晴らしいパフォーマンスを出していましたが、ひふみワールド+も同じような素晴らしいパフォーマンスを出せるかは不明ですので注意が必要です。


現時点ではレオス・キャピタルワークスを信じることができる人だけ購入することをお勧めします。

以上、参考になれば幸いです。


〈こちらもおすすめ〉

セゾン資産形成の達人ファンドも世界の株式に投資をしているアクティブファンドです。今のところ長期的に素晴らしいパフォーマンスを出しています。

toushi-ino.hatenablog.com