INO'S BLOG

投資している会社員のブログ

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを調べて見る

今回も以前紹介した本「はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法」でオススメされていたファンドの一つである「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」について紹介します。


セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに興味のある人の参考になればと思います。

〈関連記事〉

セゾン資産形成の達人ファンドに興味がある人はこちらをご覧ください。

toushi-ino.hatenablog.com

f:id:toushi-ino:20210305211055j:plain

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて紹介します

目的・特色

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの特色は、

  • バンガードのインデックスファンドに投資
  • 世界の株式と債券に分散投資

をしていると言うことです。


それぞれ簡単にですが押さえます。

バンガードのインデックスファンドに投資

セゾン投信ではファンド・オブ・ファンズという方式で運用をしています。よって、株式や債券に直接投資をするのではなく、投資信託に投資を行うことで運用をしています。


そして、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、低コストで有名なバンガードのインデックスファンドを組み合わせて投資をしています。

世界の株式と債券に分散投資

世界の株式と債券に分散投資を行います。株式と債券の投資比率は原則として、株式:債券=50:50であり、ファンドへの投資割合は時価総額を勘定して決定するとのことです。


以上のことから、セゾン資産形成の達人ファンドとは異なりアクティブ運用はされていないことが分かります。

信託報酬、純資産など

長期投資にふさわしい信託報酬、純資産をしているか確認をします。

  • 購入時手数料:なし
  • 信託報酬:0.57±0.02%
  • 純資産:約2440億円
  • 信託期間:無期限

購入時手数料がないことや純資産の規模、信託期間が無期限のことは評価ができると思います。しかし、信託報酬が一昔前のバランスファンドの水準となっており、やや割高感があります。

パフォーマンスの比較

最後に類似ファンドとパフォーマンスを比較します。比較には楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)を用いました。

パフォーマンスの比較

パフォーマンスの比較

青が楽天バランス、橙がセゾンバランスです。楽天バランスの設定日である2018年7月20日を0%として比較しました。


現時点では大きな差は出ていませんが、全体的にセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの方がパフォーマンスが劣っています


先ほど確認したようにセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、インデックスファンドを組み合わせて時価総額比で投資をしますので、類似のより低コストなバランスファンドを上回るようなことは今後もないと思われます。

まとめ

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、アクティブ運用ではないので信託報酬の高さが気になります。今では楽天・インデックス・バランス・ファンドなど低コストなバランスファンドがたくさんありますので、そちらに投資をすることをおすすめします。


以上、参考になれば幸いです。

〈こちらもおすすめ〉

こちらの記事では、低コストでおすすめのバランスファンドを紹介しています。 

toushi-ino.hatenablog.com