INO'S BLOG

投資している会社員のブログ

【比較】eMAXIS Slim全世界株式と楽天・全世界株式インデックス・ファンドはどちらが良いか

手軽に全世界の株式に投資をすることができるインデックスファンドで人気があるものとしてeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)楽天・全世界株式インデックス・ファンドがあります。


今回はこの2つのファンドを比較して見ようと思います。どちらのファンドを買おうか悩んでいる人の参考になればと思います。

f:id:toushi-ino:20200826201613j:plain

eMAXIS Slim全世界株式と楽天VTを比較します

eMAXIS Slim全世界株式と楽天VTはどちらが良いか

純資産はSlim全世界のほうが良い

最初に両ファンドの純資産の確認をします。なお、純資産が少ないと繰上償還される可能性がありますので、なるべく純資産の多いファンドや順調に増えているファンドを選ぶべきです。


それぞれの純資産は次の通りです。

  • Slim全世界:約609億円
  • 楽天VT:約567億円

※2020年11月15日時点

少し前までは楽天VTのほうが多かったと記憶していますが、今ではeMAXIS Slim全世界株式のほうが多くなっています。ただし、両ファンドともに十分な金額ですので、この点からはどちらを選んでも問題ないと思います。

信託報酬もSlim全世界のほうが良い

次に信託報酬を確認します。特に同じような値動きをするファンドでは、コストが低ければ低いほど良いです。


それぞれの信託報酬は次のようになっています。

  • Slim全世界:0.1144%
  • 楽天VT:0.212%

※2020年11月15日時点

eMAXIS Slim全世界株式のほうが0.0976%低いです。しかし、この後説明しますがeMAXIS Slim全世界株式と楽天VTはベンチマークが異なりますので、その点も踏まえてどちらに投資をするか決めるべきです。

パフォーマンスの比較

最後にパフォーマンスの比較をします。先ほど触れたように両ファンドはベンチマークが異なりますので、最初にそちらの確認をしておきます。


それぞれのベンチマークは次の通りです。

  • Slim全世界:MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス
  • 楽天VT:FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

どちらも全世界の株式に投資をしていますが、MSCIは大型・中型株に投資、FTSEは小型株も含めて投資をするという違いがあります。個人的には大型・中型株だけでも十分に分散できていると思いますが、より分散したい人は楽天VTのほうが良いでしょう

 

それではパフォーマンスの違いを確認します。

eMAXIS Slim全世界株式と楽天VTのパフォーマンス比較

パフォーマンスの比較

青がSkim全世界、橙が楽天VTです。なお、Slim全世界の設定日である2018年10月31日を0%として比較しました。


ほぼ同じ値動きをしていますが、コストの違いからかeMAXIS Slim全世界株式のほうが少しだけ高くなる傾向があると思います。

まとめ

各項目ともeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)のほうが良いと言う結果になりましたが、ベンチマークの違いもありますので、

  • 小型株にも投資をしたい⇒楽天VT
  • 特にこだわりがない⇒Slim全世界

で良いと思います。私であればコストにこだわりたいのでeMAXIS Slim全世界株式を選びます。

以上、参考になれば幸いです。


〈こちらもおすすめ〉

米国への投資比率が気になるという人は、ニッセイ世界株式ファンドはいかがでしょうか。

toushi-ino.hatenablog.com

全世界に投資をするときに日本は除くべきなのか考えて見ました。

toushi-ino.hatenablog.com