INO'S BLOG

投資している会社員のブログ

【ファンド紹介】投資のソムリエは超安定のバランスファンド

楽天証券にて「投資のソムリエ」と言うファンドの特集がありましたので、どんなファンドなのか調べて見ました。

 

投資のソムリエに興味がある人の参考になればと思います。

f:id:toushi-ino:20201203154106j:plain

投資のソムリエについて紹介します

投資のソムリエについて紹介します

運用方針

最初に「投資のソムリエ」の運用方針を確認します。目論見書によると

  • 国内外の公社債、株式およびリートに投資をして、その配分比率を適宜変更することで中長期的に安定的なリターンを目指す。
  • 基準価額の変動リスクを年率4%程度に抑えながら、安定的な基準価額の上昇を目指す。

となっており、安定した運用を目指していることが分かります。


なお、投資環境に応じて資産配分を変更するファンドの中には、暴落時にリスク資産を減らしすぎることで上昇する機会を見逃してしまうものもあるので注意が必要ですが、後で確認しますが投資のソムリエでは問題なさそうです。

参考:【投資信託】商品名に「あんしん」とあるからと言って大丈夫とは限らない

信託報酬、純資産など

次に信託報酬や純資産などについて確認をします。

  • 購入時手数料:最大3.3%
  • 信託報酬:1.54%
  • 純資産:約3560億円

※2020年12月3日時点。購入時手数料は販売会社によって異なります。

アクティブファンドとは言え安定重視のファンドですので、信託報酬の高さが気になります。純資産は増加傾向であり、この金額なので償還の心配はなさそうです。

パフォーマンス

最後に設定来のパフォーマンスを確認します。

「投資のソムリエ」の基準価額

「投資のソムリエ」の基準価額

コロナショックのときも大きく下落することなく乗り越えており、安定した運用を実行できていることが分かります。しかし、投資のソムリエを購入するかどうかは次を見てから判断することをおすすめします。

リスクを取れるなら別のファンドを選んだ方が良い

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」という株式と債券に半分ずつ投資をするファンドと比較をしてみます。

パフォーマンスの比較

パフォーマンス比較

赤がセゾン・バンガード、橙が投資のソムリエになります。なお、投資のソムリエの設定日である2012年10月26日を0%として比較をしています。


見たら分かると思いますが、

  • セゾン・バンガードは時に大きく減らしつつも、
  • 長期的には投資のソムリエを圧倒するパフォーマンスになっている

ことが分かると思います。


要するに、投資のソムリエは

  • 安定はしているが、大きく増えることはないファンド

と言うことです。

まとめ

投資のソムリエは、安定的な運用を続けることができており、あまりリスクを取りたくない人にはおすすめのファンドですが、もう少しリスクを取れるのであれば別のファンドを選んだ方が良い結果になると思います。


以上、参考になれば幸いです。


〈こちらもおすすめ〉

楽天証券iDeCoには、より信託報酬の低い投資のソムリエ〈DC年金〉というファンドがあります。安定重視でiDeCoを利用したいなら有りだと思います。

toushi-ino.hatenablog.com

日本に投資をしたくない、かつ、バランスファンドが良いと言う人はこちらのファンドなどいかがでしょうか。

toushi-ino.hatenablog.com